管理業務主任者試験合格するためにすること

管理業務主任者になるためには、どのような勉強をすれば良いのか?

ここまで読んでくれたということは、管理業務主任者の難易度を

理解して試験に挑戦しようと思ってくれた方だと思いますので、

非常に有望です。

それでは、次にどのような勉強スタイルで、試験に臨むのか考えて行きたいと思います。

ここで言う勉強スタイルは、独学、通信教育、通学講座を指します。

まず、極力独学での勉強は避けて下さい。

何故なら、講義は聴けませんし、勉強を教えてくれる人もいません。

さらには、良い教材は市販ではなく、勉強法も我流になるので、

無駄な学習が増えてしまいます。

独学で合格するとなれば、時間と手間がかかってしまい、かなり高い確率で挫折してしまいます。

しかし、それでも独学で勉強する方は大勢います。

そこで、何故独学で勉強するのかと聴くと、「お金をかけたくない」と言う

答えが返ってきます。

私の経験上そういう人達は高い確率で不合格になります。

今までにない何か新しいものを得るためには、何かを捨てなければいけません。

管理業務主任者の試験で言えば、お金か時間です。

ただ、時間をかけた場合、それだけ長い期間勉強をしていかなければいけないので、勉強に耐えられなくなり、挫折してしまうのです。

だったら、必然的にお金をかけるしかなくなります。

もちろん、中には様々な事情があり、どうしてもお金を工面できない方もいます。

しかし、いくらお金がかかるといっても、通信教育なら安くて、良い講座を提供しているところもあります。

例えば、フォーサイトという通信教育なら、講義が聴けることはもちろん、精度の高いテキストや問題集、質問受付などフォローもしてくれ、

3万円ちょっとで受講できてしまいます。

それでも高いと言う方は、バイトをしてでもお金を工面するべきです。

少し強引な言い方ではありますが、知識のまったくない方が独学で、

勉強した場合、1回で合格するのは非常に困難です。

2回、3回は挑戦する可能性が高くなります。

それだったら、2週くらいのバイトで、3万円稼ぎ、通信教育を受講して一発合格目指す方があなたにとっても得だと思います。

ここまで、読んでくれている方は、本気で管理業務主任者に合格したいと思っているはずですので、「とりあえず独学で勉強しよう」と思う方はいないと思います。

もし、そうだとしたらすぐに考えを改めて下さい。

本気になれば、多少のお金はおしまないはずです。

 


 



>>管理業務主任者資格への最短ルート