管理業務主任者の魅力

管理業務主任者の魅力


ここで、管理業務主任者の魅力について考えて行きたいと思います。
その前にまず、管理業務主任者の仕事を知る必要があります。
管理業務主任者の資格というのは、マンション管理に関する仕事に
従事することになります。

しかし、マンションに常駐するマンションの管理人さんとは異なり、
マネージメントを主な仕事としています。

例えば、管理契約書の重要事項の説明・記名押印や管理業務のチェック、そしてその報告などです。
その中でも「管理契約書の重要事項の説明・記名押印」は、管理業務主任者の独占業務となり、有資格者でなければ行なえません。

また、マンション管理会社では、管理業務主任者を一定数配置しなければいけない決まりもあります。

わかりやすく言えば、不動産に関する宅建と似ています。

不動産の売買や物件の仲介などでは、宅建有資格者しか、重要事項の説明は、
行なえませんので、宅建が必ず必要となります。

マンション管理士では、それが管理業務主任者という資格になるのです。

管理業務主任者は、このような特徴がありますが、
魅力はと言うと、やはりマンション管理業界での就職や転職に有利になることです。

マンション管理という仕事の需要は尽きることはありません。

毎年、毎年新築マンションが建っている以上、その仕事は限りなくあるのです。
実際に日本には40万棟のマンションがあると言われ、国民の3人に1人は
マンションに住んでいるというデータもあるくらいです。
それだけマーケットが広く、かつ必要不可欠な仕事とも言えるのです。
さらに、マンション管理に置いては、お粗末な管理をしている会社も多数あり、
まだまだ需要の掘り起こしも可能となっています。
そのような業界の就職・転職に強いということは、
かなりの強みになると言えます。

しかし、現実的なことを言えば、管理業務主任者の資格を持っているからと言って、
必ずしも就職・転職に有利なわけではありません。
規模の大きい会社では、すでにたくさんの有資格者を抱えているケースもあり、
その場合、いくら資格を持っているからと言って無理に採用することは致しません。
もちろん持っていた方が有利になることは変わりませんが、
会社によっては採用の決め手にならいこともあるのです。
そのことも覚えておいて下さい。


>>管理業務主任者資格への最短ルート