管理業務主任者の合格率の観察結果

管理業務主任者の合格率を見ると、合格に有利な条件が次々に見えてきます

管理業務主任者試験の難易度をわかりやすく示すために、このサイトでは過去問を紹介しながら説明していますが、合格率のデータを見ないと伝わらないこともあります。

そこで、過去10年のデータをもとに、難易度の裏側にあるものを一緒に探り出してみましょう。
年度 受験者の人数 合格者の人数 合格率 合格最低点数
平成16年度 24104名 4617名 19.2% 37問
平成17年度 22576名 5019名 22.2% 36問
平成18年度 20830名 4209名 20.2% 33問
平成19年度 20194名 4497名 22.3% 33問
平成20年度 20215名 4113名 20.3% 34問
平成21年度 21113名 4329名 20.5% 34問
平成22年度 20620名 4135名 20.1% 36問
平成23年度 20625名 4278名 20.7% 35問
平成24年度 19460名 4254名 21.9% 37問
平成25年度 18850名 4241名 22.5% 32問
この表を見ると、少しずつ受験者が減ってきていることがわかりますね。しかし合格者がどんどん減っているというわけではありません。これはこれから管理業務主任者を目指す受験者にとって、悪い兆しではありませんね。

実際、合格者がどんどん増加しているわけではないことには、メリットがありますね。つまり、管理業務主任者の需要が衰えてしまうという心配をしなくてよくなるでしょう。

資格の試験は簡単すぎると、合格者が急増してしまいます。ありふれてしまえば世間が見る目も軽くなってしまいます。

そして肝心の合格率を見てみましょう。少しずつ上がったり下がったりをこの10年間に繰り返していますね。それでも大きく変わってはいません。ようするに安定感がありますね。

世の中には、合格率がちょくちょく変動する試験もあれば、あまり変わらない試験もあります。管理業務主任者や後者ですが、これは受験者にとってはありがたいことです。

なぜならば、それは「試験問題をよく研究した受験者が有利になるように問題が作成される」ことを意味するからです。合格最低点数にあまり派手な変動がないことからもわかりますが、あまり難しくなったり簡単になったりしないように試験問題が準備されるのです。

特に平成25年度は、合格最低点数が実は史上最低の点数でした。ようするに史上最高に合格しやすいときだったのです(合格率も例年より若干高めですね)。

これらの事実を重ね合わせると、管理業務主任者は、今まさに目指したほうがいい資格・今まさに合格したほうがいい試験だということでもあるでしょう。



 


>>管理業務主任者資格への最短ルート