管理業務主任者合格のヒントは過去問にあり

過去問に集中して取り組んで、問題の癖を見抜き、試験の予行演習を積む

管理業務主任者の試験も、本当に合格したいと思ったら勉強は楽だとはいえません。受験者全体の中で、合格できるのはたったの5名に1名です。油断は禁物ですね。

特に1発で合格を果たしたいと思ったら何ヶ月もの間真剣に受験勉強にわが身をささげないといけません。

とはいえ、ただがむしゃらに勉強をすれば受かるともいえません。テキストを開いてただじっと読んでいけば、合格に必要なことをすんなりとマスターできるわけでもないのです。

効率のよい管理業務主任者試験の勉強方法があればぜひ知りたいと思う受験者はたくさんいることでしょう。

全然苦労しなくて済むような都合のよい勉強法は残念なことにありませんが、比較的勉強がはかどる方法ならあります。

それを知りたいなら、過去の試験問題を手に入れることが先決です。過去問の利用が欠かせないことはすでに書いていますが、ただ問題を解いていくだけのつもりで適当にやっていると、その効果も半減してしまうかもしれません。

それにしても、どうして過去問が合格不合格を決するほどの重要性を秘めているのでしょうか?

過去問には大きく分けるならふたつのメリットがあります。ひとつは「試験問題の出され方を把握すること」それと「試験問題の予行演習を積むこと」ですね。

合格率を調べていくとすぐわかるように、管理業務主任者の試験問題は合格者数が大きく変わらないように操作されています。もっと端的に書くと、試験問題に共通点がたくさんあるのです(もちろん同じ問題がよく出ているのではありません)。

出される範囲が例年重なっていたり、出し方に共通点があったりと、試験問題を何年も解いていくうちにわかることは膨大な量になります。

つまり試験問題のくせやパターンを見破り、それを深く研究することに意味があるのです。

そして試験の予行演習を繰り返すことも大事ですね。問題をよく解かない受験者は、試験の日になってもすらすらと解くことができません。

これはテキストをただ読んでいても絶対に対策できないことですね。

こんなふうに、過去問は管理業務主任者の受験ではとにかく大事な教材となります。

適当な種類を手に入れるのではなく、きちんとした研究者の手で編纂された品を使って受験に臨むことが要求されるでしょう。




>>管理業務主任者資格への最短ルート