管理業務主任者の求人を探すときのポイント

管理業務主任者の求人探しの事情と就職活動の事情

管理業務主任者試験に晴れて合格し、資格を無事に手に入れたら、いよいよ実務に励んでゆるぎないキャリアを築き上げたいものですね。

ところで管理業務主任者は、就職や転職に向いている資格のひとつです。資格には、就職向きの資格と開業向きの資格がありますが、管理業務主任者はまさに前者にあてはまります。

現役の管理業務主任者のほとんどが、企業に所属して活動しています。

つまり管理業務主任者の仲間入りを果たしたら、どこかの会社に雇ってもらわないといけませんよね。それではどうやって求人を見つけていけばいいでしょうか?

やはりマンション管理会社をはじめ、マンションの管理者を欲している企業が出している求人を念入りにあたっていくことが妥当です。

不動産業界は全国どこに行っても発達していますし、マンションを管理している企業も全国各地にあるはずです。求人を探すときは特に地域ごとの情報収集に熱心になるべきでしょう。

求人媒体は今ならたくさんありますね。新聞や雑誌のようなアナログな紙媒体も大切ですし、インターネットも今ならあなどれないパワーを持っています。

もちろんハローワークだって忘れてはいけないでしょう。

それから人材紹介業者を利用するという手も有効ですね。不動産業界にパイプを持つ転職コンサルティング会社もありますから、ぜひいい求人を紹介してもらいたいところです。

とにかく、地域の特色を意識しながら、これらをフル活用して管理業務主任者の求人をチェックしていくことがまず大事です。

ここでひとつ、求人を探すときおよびそれを利用して就職するときのポイントを取り上げておきましょう。それは、いきなりマンション管理の仕事を任されないケースもあるということです。

やはりマンション管理の仕事も資格だけではなく経験も大事です。合格したばかりのころに求人を探して応募するなら、マンション管理以外の仕事を担当することも要求されるケースが出てくるわけです。

面接の段階で、「なるべく自分の資格をいずれは必ず活用したい」と伝えることはもちろん大事ですし、ケースバイケースで判断する必要はありますが、管理の仕事ばかりにこだわって探と選択の幅が狭まる可能性があることは覚えておいたほうが無難でしょう。



>>管理業務主任者資格への最短ルート