当たり前に学習に取り組める、そんな環境作りが重要

管理業務主任者試験に限らず、どんな資格試験対策においても、「勉強がどうも長続きしない」とお困りの方はたくさんいらっしゃることと思います。
「勉強なんて、ただこなしていくだけでしょ」「そんなのは気持ちの問題」。
いざ学習の最中にある当事者でない限り、勉強が長続きしない原因は自分自身にあり、自分さえ意識を高く持って頑張れば、勉強は継続させることが出来ると思われるかもしれませんね。確かに、そうかもしれません。
しかしながら、実際に資格試験対策を始めてみると、この“続けること”こそが実は非常に難しくて、単に“気持ちの問題”で片付けるのではなかなか前に進めないということに、すぐに気が付くと思います。学習が長続きしないのは、「意志が弱いから」だけではありません。あなた自身が無意識のうちに、“長続きしない環境”を作り上げてしまっているからであるとも言えるのではないでしょうか。

 例えば、「勉強場所はここ」と決めてしまっていたり、「○時からでないと気分がのらない」という決まりきった時間があったり等、皆さんには心当たりはないでしょうか?
このような思い込みが、実は管理業務主任者試験対策を進めにくくさせる原因となっているのです。時間や場所にこだわりがあると、イレギュラーな場面に上手く対応できなくなってしまいます。ちょっと時間が空いた時や、いつもと違った場所で時間を過ごすことになった時など、勉強をしようと思ってもなかなかスムーズに取り組むことができないのです。「いつもの時間、いつもの場所という条件が揃わないと勉強する気になれない」、こんな受験生は意外と多いもの。これでは試験対策の環境作りとしては大失敗であると言えましょう。

 管理業務主任者試験合格を目指す皆さんにとって重要なのは、「日常的に学習に取り組める環境」を準備すること、これに尽きると思います。具体的には、いつでもどこでも、ちょっとした時間にちょこちょこ進められる学習ツールを常に携帯することが挙げられます。もちろん、用意したツールは日常のスキマ時間に取り組むよう、意識的に習慣化することが不可欠。こうした工夫こそが、「時間や場所にとらわれず、いつでも取り組める環境作り」であることは言うまでもありません。例えば、携帯に便利なコンパクトなテキストや単語カード、スマホで学べるオンライン学習システム等のツールがあると、こうした環境作りに非常に役立ちます。これらは自分自身で準備するのは難しいですが、通信教育各社が教材の一環として提供しているケースが多いと思います。管理業務主任者試験合格のために、「活用できるものは何でも使う」の精神は絶対に必要です。効率の良い試験対策、そして理想的な学習環境作りのためには、必要な自己投資を惜しむのはナンセンスであると言えます。



>>管理業務主任者資格への最短ルート