“マンション管理の専門家”は今後も需要増の見込み

管理業務主任者の実務の醍醐味

さて、皆さんは管理業務主任者の実務について、どんな働き方があるのか、具体的にはどのような仕事に携わるのか、イメージできるでしょうか?

おそらく、ほとんどの方がマンション管理士と管理業務主任者の実務を混同し、「いずれも同じような感じだろう」「資格の名称が違うだけではないのか」等と思われているかもしれません。

しかしながら、マンション管理士と管理業務主任者は、そもそもその立ち位置が全く異なります。当然、実務の内容も異なってくると言えます。

【マンション管理士と管理業務主任者のスタンスは真逆】

マンション管理士と管理業務主任者、それぞれの実務の場は下記の通りです。

<マンション管理士>
 マンション管理組合の立場で組合運営の支援や助言、指導を行う

<管理業務主任者>
 マンション管理業者の従業員として、マンション管理の委託を受ける

つまり、前者は「住民側」、後者は「業者側」としてマンション管理に携わることになります。

実務の場ではしばしばマンション住民とマンションを管理する業者とで争いが起こることがありますが、そんな時にはマンション管理士と管理業務主任者は真っ向から対立することになります。マンション管理士と管理業務主任者の実務について、ぼんやりしていたイメージが少しはクリアになってきたでしょうか?

【管理業務主任者の実務の場は「管理業者」】

皆さんが管理業務主任者試験に合格し、実務経験を積む場は「マンション管理業者」です。

マンション管理業者とはマンション住民からの委託を受けて管理事務を行う会社であり、事務所ごとに、事務所の規模を考慮して一定の数の成年者である専任の管理業務主任者を置かなければならない旨が法で定められています。よって、管理業務主任者の採用には常に一定のニーズがあり、就職や転職に適した資格であると言えます。

管理業務主任者としての実務の王道は「管理会社への就職」ということで、その働き方は一般的な会社員とさほど変わりはありません。ですが、中には独立開業者として、通常とは異なる活躍の仕方をしている方もいます。

下記はマンション管理士とのダブルライセンスを活かした実務の例ですが、これから関連業務への参入を目指す皆さんの参考になるのではないでしょうか?

『マンション管理士・管理業務主任者 実務家密着取材』

>>管理業務主任者資格への最短ルート