宅建試験の知識が活かせる!マンション管理士まで取得してトリプルライセンスも!

宅建を取得してからのキャリアアップとして


管理業務主任者といえば、宅建合格者がステップアップ資格として挑戦する例が多いのが特徴です。確かに両者は重複する試験科目が多いため、“宅建→管理業務主任者”はいわば不動産関連資格受験生の王道コースであると言えます。

ここでは、宅建からのキャリアアップ像を展望することにいたしましょう!

管理業務主任者と宅建の試験科目を比較すると、下記の通りです。

<管理業務主任者>
1.管理事務の委託契約に関すること
民法(「契約」及び契約の特別な類型としての「委託契約」を締結する観点から必要なもの)、マンション標準管理委託契約書等

2.管理組合の会計の収入及び支出の調定並びに出納に関すること
簿記、財務諸表論 等

3.建物及び附属設備の維持又は修繕に関する企画又は実施の調整に関すること
建築物の構造及び概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位の名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令(建築基準法、水道法等)、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続きに関する事項 等

4.マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること
マンションの管理の適正化の推進に関する法律、マンション管理適正化指針 等

5. 1.から4.に掲げるもののほか、管理事務の実施に関すること
建物の区分所有等に関する法律(管理規約、集会に関すること等管理事務の実施を行うにつき必要なもの)等

<宅建>
1.法令科目
民法、建物区分所有法、不動産登記法、借地借家法等

2.法律関係(法令上の制限)
都市計画法、建築基準法、国土利用計画法、農地法、土地区画整理法、宅地造成等規制法等

3.宅地建物取引業法
宅地建物取引業者・宅地建物取引士、営業保証金・保証協会、業務上の規制・監督処分、罰則等

4.その他法令
税法、価格の評定、需給等、土地建物等


管理業務主任者と宅建の試験科目で、重複するものとして挙げられるのは「民法」「宅建業法」、「建築基準法」です。宅建合格者の場合、特に受験生が苦手とする「民法」を深く広く学習するため、管理業務主任者試験合格に向けた大きなアドバンテージとなります。

【マンション管理士まで取得できれば「夢のトリプルライセンス」も!】

“宅建→管理業務主任者”とくれば、次に目指すべきは「マンション管理士」です。管理業務主任者試験とマンション管理士試験では、マンション管理士試験で出題される「都市計画法」以外の全ての科目が重複しており、例年、ダブル受験生も多くいます。

もっとも、両者の難易度、合格率の観点でいえば、マンション管理士の方がぐんと厳しいイメージがあるため、一年で2つの資格を取得するのはなかなか難しいことと言えます。

管理業務主任者合格後、一年間しっかり準備してマンション管理士合格を狙うことで、無理なく、着実にダブルライセンスが狙えます。

>>管理業務主任者資格への最短ルート