管理業務主任者試験では暗記が頻出します

管理業務主任者の勉強では、誰しもが猛烈に専門的な問題に直面させられます


事前に少しでもその業界を知っているなら(不動産業界に相当に身を置いているような受験者の場合)、まだ目端が利くでしょう。しかし大半の受験者にとっては、なかなか好きになれない問題ばかりが出てくるはずです。

知らないことを勉強する場合はだいたいそうなのですが、管理業務主任者試験の受験者もたくさんのことを頭にインプットさせないといけません。いわゆる「暗記」です。

高校受験や大学受験では、誰だって暗記を経験します。しかしそのころと比べて暗記力が落ちている受験者がほとんどですし、勉強時間だって高校受験生・大学受験生だったころと比べてずいぶんと短いはず。そんな中で暗記作業をえんえんと繰り返すのは、確かに気が滅入ります。

しかし、「暗記しよう!」と必死に自分を言い聞かせながら覚えようとしてもそうは問屋が卸さないでしょう。なかなかうまく覚えられなくてきっと苦労するはず。しかしこれについては、効果の高い解決策はありません。残念なことですが。

結局は、なるべくすんなりと暗記できるようにするには「流れの中で覚えようとする」くらいしかないでしょう。ようするに、各項目を関連付けて覚えられるように、説明文の中で覚えていくこと。そのためには管理業務主任者のテキストや過去問(の解説)を何度も読み返す必要があります。メディア教材が大切な理由の一つが、この暗記を楽にするためですね。

ちなみに、「ごろ合わせ」で暗記するという方法論があります。管理業務主任者の場合は、あまりうまいごろ合わせがありませんが、個々人でうまい合わせ方を思い付けたときは、もちろんそれを使うのもまた一興でしょう。

>>管理業務主任者資格への最短ルート